PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒いから (><)

今日は寒い一日でしたネ
皆様、体調など崩していませんか?

こんな時、ワンコやネコちゃんがいるとハグハグしたくなりますよね

うちのモフモフ君もモチロン捕まっておりました(笑)
P1030179-t.jpg
アー 「ゲッ!」

P1030177-t.jpg
アー 「う~ん。 なんだかなぁ・・・ですのだ。」


P1030181-t.jpg
ラ 「男同士で ウェ~ッですわよねぇ
マ 「ホントよねぇ。 見ない見ない


ところで、皆様にご心配いただいているラムですが。
まだ左後ろ足が上手く動かせないですし、
歩いていてもヨロヨロしていることが多いですが、
食欲もあり、朝夕とお散歩にも行きたがっております。
(実際に行くのは、暖かい日中に一回ですが。)
おトイレもちゃんと自分で庭に出て行っていますし
なんとか元気にやっていますので、ご安心下さい♪

そして先日、ラムの血液検査の結果が出ました。
発作の原因は内臓には無さそうだということでした。
あと調べられるのは・・・
『脳』です。
大学病院で全身麻酔を使っての検査。
また病院です。
もし行ったら私と引き離されて
とてつもなく恐ろしい思いをさせてしまうでしょう。

去年、病気で入院と手術をしてからというもの、
私にベッタリになってしまいました。
昼夜いつでも寝ていて目が覚めると、先ず一番最初に私の姿を確認
姿が見えると安心してまた眠りますが、
見えないと、リビング、キッチンはもちろん
廊下、トイレ、お風呂場まで探しに行きます。
そしていよいよどこにも居ないと
「お出掛けしちゃったのね。」と思うらしく
私が姿を現すまで、玄関のたたきで寝て待っているのです

こんなにも不安になってしまっているラムを
また一人ぼっちで怖い思いをさせるなんて・・・
ママは出来ないよ
ね、ラム。
それでいいんだよね?
でも、痛みだけはとってあげたい。
人間だったら「痛い。」って言えるのに・・・。
撫でて気を紛らわせてあげる事ぐらいしか出来なくてゴメンね。
でも、ラムを思う気持ちだけは誰にも負けないからネ
手のひらを通して、ママの気持ちがラムに伝わっているかな?
伝わっているといいな。

2回目の発作次第では、発作止めの薬が出るかもしれません。
間隔が短かったり(1ヶ月に1、2回以上)、
間隔が長くても一回の発作の時間が長い場合は
薬が出るそうです。

お願いです!
どうか、もう発作がきませんように


P1030458.jpg
先日のグラニーです。 開ききるとこんな

応援のポチンお願いします~!
      
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト

| おうち | 00:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一安心です。

ラムちゃん、元気そうなお顔にほっとしました。

アーサーくんも、目が助けを訴えてますね・笑。

大好きなみんなに囲まれて、
ラムちゃんも早く元気になってね♪

| yumi | 2010/12/17 16:35 | URL | ≫ EDIT

yumiさんへ♪

yumiさん、心配させてしまってごめんネ。

発作の後遺症(?)少し残ってしまったけれど、
この程度で良かったです。
今日は、私が庭で花植えをしていると、
ラムもリビングから出てきて一緒に日向ぼっこしました♪

ラムと過ごせる一日一日に感謝ですe-420

冷え込んでいるのでパフィちゃんも気をつけてネ!

| Ramu's mom. | 2010/12/17 19:53 | URL | ≫ EDIT

No title

ラムちゃんのこと、知らずにいて、ごめんなさいね。

せっかくご近所でお知り合いに慣れたのに、情けない思いです。

ワンコは、人間に可愛がられるために産まれてきたのだから、もっともっともっと、可愛がりましょうよ。一緒に悩んだり、どうしたら、ラムちゃんが楽しく、穏やかに過ごせるか、またゆっくりお話できたら、嬉しいです。

今夜お別れしたとき、アーサー王子が振り返って、にっこり笑ってくれました。

| こあママ | 2010/12/17 23:19 | URL | ≫ EDIT

こあちゃんママさんへ♪

こあちゃんママさん、昨日は寒い中
色々と話を聞いてくれて有難うございました!
こあちゃんも寒かったでしょう。 ゴメンネ。

ラムを飼うまで自分がこんなに愛情を持っていたなんて
思いませんでした。
その愛情は年を経るごとに深まっています。
悲しいことを考えたらキリがないので、
その気持ちを感謝に変えて
毎日を穏やかな気持ちで過ごさないとネ!

アーサー、振り返っていたのですね♪
「ラムちゃんの心配してくれて、ありがとう!」って
言っていたのかな?

今後ラムの事でまた心配掛けてしまうことがあると
思いますが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

| Ramu's mom. | 2010/12/18 15:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sheltiesroses.blog104.fc2.com/tb.php/62-06f7e4bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。